本部


パーネルにあるワイウェラ本社は、2011年6月に開業、ワイウェラ協会の中心となっています。

ここでは、一般の方々や有力な人物とのインタビューがここで行われ、ワイウェラブランドの特別なイベントも一年を通してここで行われます。

また、本社は新しい記録文書保管センターでもあります。私達ををここまで導いた人々や出来事との繋がりを持つため、ニュージーランドの歴史を記録保存しています。

パーネル


マヌカウパーネルオークランド[CA1914]見下ろし見る


パーネルは1841年に開拓されましたが、本日あるパーネルはレス・ハーヴェイにより1970年代に創立されました。この村の素晴らしい時代の風景を守るという彼の意志により、この村は今も昔のままの状態で保存されています。そのような理由から、私達はここをワイウェラ本社に最適な場所としています。

レス・ハーヴェイの息子であるケビンは父親の仕事を受け継ぎ、パーネル地域の維持を続けています。

「私たち家族は長年にわたってパーネル保存に力を注いできました。」と、彼は言います。

「古い家をお洒落なカフェや店に改築しました。ここを人々が尊敬し、愛し、時を過ごしたい場所であると感じられる様な所に変えていきたいです。父は二十年前に世を去りましたが、私の兄や姉と共にこの場所を守り、美しい環境を作る努力を続けて行きたいと思います。」

ケビンは、自分にとって遺産とは「過去の思い出を生かしておくだけ」ものだと言います。
「部分的に煉瓦とモルタルで築かれた建物ですが、時には過去のものを生かすためには少し変化を与えてもいいのではないかと思います。
唯一常にし続けなければならない事、それは変化を与えることです。
多くの人々は古い物を全くそのまま保存しようとしますが、それでは逆に大切な部分を完全に失ってしまうのではないでしょうか。」